歯がグラグラする~歯周病~

  • ホーム >
  • 歯がグラグラする~歯周病~

歯周病は、多くの日本人が悩まされている病気です

  • 歯周病は、多くの日本人が悩まされている病気です
  • 歯周病は、多くの日本人が悩まされている病気です

日本人が歯を失う理由でもっとも多いのは――と聞かれて、皆様は何を思い浮かべるでしょうか? 「虫歯」を連想された方が多いかもしれませんが、実は、虫歯ではなく「歯周病」が正解です。歯周病は、お口の中の歯周病菌が炎症を起こし、歯を支えている歯ぐきや顎の骨を徐々に溶かしてしまう病気のこと。悪化すれば、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

こちらでは、鴨宮駅からも通える歯医者「小田原きづな歯科クリニック」が、歯周病についてくわしくご説明します。歯周病を正しく理解し、大切な歯を守っていきましょう。

成人の約8割が歯周病予備軍です

成人の約8割が歯周病予備軍です

「歯周病なんて、自分には関係ない」と思っていませんか? しかし今日、日本人の成人の約8割が歯周病にかかっている、もしくはその予備軍であるといわれています。歯周病は、虫歯と同じく初期段階ではほとんど自覚症状がないため、「ブラッシングのたびに歯ぐきから血が出る」「口臭がある」「歯がグラつく」といった症状が現れたときには、すでにかなり進行しているかもしれません。歯周病治療は、早めが肝心。気になる症状がある場合にはすぐにご相談ください。

こういう方は注意が必要です

歯周病は、生活習慣の影響を大きく受けて発症します。次のような習慣やクセに覚えがある方は、注意が必要です。

喫煙 不規則な生活 しっかり噛まない

喫煙

喫煙によって体内に有害物質が取り込まれると、免疫力が低下します。そのため、お口の中の粘膜や歯ぐきの状態が悪くなります。

不規則な生活

睡眠時間が少ない、寝る時間が決まっていないなど、生活が不規則だと免疫力が低下します。疲れやストレスも発症・進行を助長します。

しっかり噛まない

食べ物をよく噛まずに丸飲みしがちだと、自浄作用を持つだ液が分泌されにくくなり、お口の中で歯周病菌が繁殖しやすくなります。
間食が多い お口のケア不足 歯科医院に通わない

間食が多い

間食が多かったり、だらだら食べ続けていたりすると、お口の中はいつも汚れた状態になるので、歯周病菌が繁殖しやすくなります。

お口のケア不足

お口のケアが十分にできていないと、歯周病菌が繁殖しやすくなります。

歯科医院に通わない

お口のケアは、ご自宅だけでなく、歯科医院でも受けることが大切です。お口の異常を早期に見つけるためにも、定期検診が欠かせません。

歯周病危険度チェック

以下のチェックボックスで、当てはまる項目はいくつありますか?

矢印

当てはまった項目は……

0個 現在、歯周病の心配はないようです。この状態を維持するために、定期検診で予防処置を受けましょう。
1~3個 ごく初期の歯周炎(歯周病の初期段階)になりかけている可能性があります。一度検診を受けましょう。
4~6個 軽度の歯周炎にかかっている可能性があります。放置すればどんどん進行してしまうため、できるだけ早く診察を受けましょう。
7~9個 歯周病がかなり進行しているようです。すぐにご来院いただき、適切な治療を受けましょう。
10個以上 かなりよくない状態です。そのままでは歯が抜け落ちてしまいますので、早急にご相談ください。

当院の歯周病治療

スケーリング・ルートプレーニング
  • スケーリング・ルートプレーニング
  • スケーリング・ルートプレーニング

歯周ポケットに入り込んだ歯垢や歯石を、スケーラーやキュレットという器具をつかって取り除く処置です。汚れが取り除かれてデコボコになった歯面を最後につるつるにみがき上げることで、汚れの再付着を防ぎます。

歯周ポケットそうは術

歯周ポケットそうは術

中等度の歯周病に対しておこなう処置です。歯ぐきに麻酔をしたうえで、歯周ポケットの奥に入り込んだ歯垢や歯石を取り除きます。

フラップ手術

フラップ手術

かなり進行している歯周病に対しておこなう治療です。まず麻酔をしたうえで歯ぐきを切開し、めくりあげて歯根面を見えるようにします。そして歯根にこびりついた歯垢や歯石、また感染した歯肉組織を取り除きます。

歯周組織再生治療(エムドゲイン)

歯周病によって溶かされてしまった顎の骨を再生させる治療です。再生させたい部分に「エムドゲインゲル」という薬剤を注入し、スペースを確保したうえで骨を再生させていきます。

~院長より「ひとこと」アドバイス~
歯周病の治療や予防でもっとも大切なのは「プラークコントロール」、つまり歯垢をきちんと取り除き、お口の中を清潔に維持することです。プラークコントロールは、ご自宅での正しいブラッシングだけでは不十分。プラス、歯科医院での適切な処置が欠かせません。ホームケアとプロケアを両立させることで、歯周病と闘っていきましょう。

小田原きづな歯科クリニックへのお問い合わせはこち ら0465-49-4618 土日診療 / バリアフリー設計 / キッズスペース完備 /駐車場10台